読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり女子のOL子

ゆる〜くてきと〜な毎日よ輝け

男は愛がなくてもそういうことができるが、昨夜の私は愛を手に入れられたとほんの一瞬思った

毎日


明日は母の日ですよ!
ってことは一昨日はこどもの日。
そんなこどもの日に母の欲しいと言っていたものを買いに行き、母の日としてプレゼントしたところ「育て甲斐があったな〜嬉し〜!本当にありがとう〜!」と母に言われましたOL子です。笑


今回は先日ご紹介した漫画にあった「男は愛がなくてもそういうことができるが、昨夜の私は愛を手に入れられたとほんの一瞬思った」という言葉の意味を実体験と合わせて書きたいと思います・・・書く前から切なくなってきちゃうなぁ・・・笑


ってことで、ご紹介の漫画読んでない方!
まずはコチラから〰〰〰〰♡

まず世の男性陣に聞きたいのが本当に愛は生まれないのかということ。

確かに女性サイドでも全く愛がない人も
いるとは思うけど、若干の虚しさがあるのではないかと。

虚しさがあるってことは、充実感が得られてないってこと、じゃあ充実ってなにってお話です。
セックスにおいて何が欲しいかって快楽だけでは絶対になくて、その中にちょっと、ほ〜んのちょっとでも愛が欲しいんですよ・・・。

・・・なんか当たり前のことをドヤッと書いて恥ずかしくなりました(笑)


f:id:mrsh1992:20160505211314j:image

私にもそんな経験がございます。
よろしくないですね、分かってはいるんです。えぇ。
絶対に身体だけの関係なんてしちゃいけないと思っていました。
でもなんでしてしまったのか・・・


お相手は、
f:id:mrsh1992:20160505230913j:image

はい、彼女いないので身体だけの関係とは言え大目に見ていただければと。


そんな彼には昨年の夏まで長く付き合っている彼女がいました。なんならその彼女との関係を応援してたのが私。
遠距離だったので、フられそう〜と言ってた彼に時々アドバイスしていました


だけど「フラレタ、スキナヒトデキタッテ、ノモウ」と連絡が来ました。

元々2人でよく飲みに行ってたので、お互いフリー同士飲みに行く回数も自然と増えました。


そんなある時お店の外を出ると・・・


f:id:mrsh1992:20160506003052j:image
何故かキュンとした自分がいました、お酒のせいでしょうか。

別に嫌でもなかったのでチューしました。
ほんのちょっと心が温かくなりました。


それからというものの会ったら必ずキス、流行りのキスフレってやつです。
どういった気持ちかというと外人のほっぺにキスする挨拶感覚なので何とも思わないです。笑


ある時、そんなキスフレといつものように夜飲んでいたら「この後どっか映画見に行かない?」と。

快くオッケーし、レイトショー探しの旅へ出たはいいものの時間も時間。

どこも開いてな〜〜〜い

すると・・・
f:id:mrsh1992:20160506020824j:image
えぇ!?!?!そう来る?!とアタフタしていたら「何もしないから来なよ笑」と。


確かに彼が何かするとは思えない。
お互いに好きだけど、異性としてではないことくらい私たちが一番分かっていた。


そしてキスフレの家に行くことに・・・


お酒を飲みながら何事もなくDVDを2本見て、もう3時過ぎになっていた。

始発で帰ろうか迷ったが「寝てけば〜?」という言葉に甘えることにした。

ベッドを貸してくれたので遠慮なく独り占めしていたのだが、寝れなくてしばらく彼と映画の感想を話していた。

そして急に"この人本当に手出さないんだ〜、女として見てないんだろうな〜"なんて思って「こっちおいで〜」と冗談交じりに言ってみた。


すると「お言葉に甘えて」と本当に来た

何もしないとか言ってたのに、当たり前のようにキスしてくるのが可愛いななんて思ってた。
可愛いと思って成り行きに任せていたらいつの間にか全てが終わっていた、気付いた時には朝だった。

隣で寝ている彼を見て、起きた時に「ゴメン」って言われたくないと思った。


不安なまま起こしてみると「おはよ〜、嬉しかった」と言って頭を撫でてくれた。


ナイスなお言葉・・・!


それを聞いた時、昨日の私たちには少し愛があったんじゃないかななんて思った。


それからしばらくしてまた2人で飲んでいた時急に言われた。

f:id:mrsh1992:20160506233837j:image
f:id:mrsh1992:20160507075954j:image
f:id:mrsh1992:20160507073052j:image
f:id:mrsh1992:20160507073102j:image
f:id:mrsh1992:20160507073728j:image


・・・私が浮かれてた。
そうだった、男という生き物はこういうものだ。

上書き保存じゃないんだった。
フォルダごとの保存ができるんだった。


あの夜に感じた優しい気持ちが光の速さで吹っ飛んでいった。


なのに「あ〜もう無理ですわ」となれない私は大バカ者。

f:id:mrsh1992:20160507080935j:image

と3秒後には答えてました。

もうキスフレ(今となってはキスフレと言っていいか微妙だが)とのこの関係は元に戻せない、もし次にこういうことがあるとしたら絶対に断ろうと実感しました笑

やっぱり何事も順序が大事なんですね。




・・・絶対にキスフレがより戻す前に彼氏作ってやる泣泣泣


今回もこんなくだらない話読んでいただいた皆様、ありがとうございました♡