読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり女子のOL子

ゆる〜くてきと〜な毎日よ輝け

【後編】恐れ知らずだった私のヒヤッとした海外旅行体験記②

 

f:id:mrsh1992:20160423171001j:plain

こんばんは、OL子です。
引き続きサフランボルで起こったヒヤッと話の後編を書いていきます。
 
前編まだ読んでいない方はこちらから↓
 
とんでもないホテルに宿泊することになった私達。とりあえずこのホテル調べよう、とWi-Fiをオン・・・繋がりませんね、えぇ、期待はしてなかったので全然ショックでもなんでもありません。
たかが1日、そうその日さえ乗り越えればもうこことはお別れ!余裕!!!
 
ってことでWi-Fiの繋がるロビーへ
ロビーのソファに座ると相変わらずポーターさんならぬチャイポーターさんがチャイを運んできてくれます(なくなると持ってきてくれる嬉しい制度で多分何杯でも無料!)
 
 
🕘21時頃
携帯をいじりながら友達と話していたら
「これからサッカーの試合があるんだ!一緒に見ないかい?」とフロントマン2人がやって来た。
まぁ、部屋に戻っても萎えるだけだしロビーのテレビで応援してみることに。
 
🕚23時頃
なんだかんだ楽しく4人でサッカー観戦していた。フロントマンの応援しているチームをとりあえず応援していた、勝ちは見えなかった。
フロントマン落ち込んでいた。
 
🕛24時頃
4人で懸命に応援していた応援していたサッカーチームは負けた。
ファンでもなんでもないけどちょっと悔しい(笑)
共に応援し合ったフロントマン、たかが2時間ちょいとはいえ仲間意識が生まれる。私達4人はコミュニケーションを取り合おうと努力した。こっちは片言の英語、向こうはトルコ語しか話せなかったので、Google先生の翻訳を駆使し英語⇄トルコ語で会話を試みた。
 
どっから来たの?何歳?趣味は?いつまでいるの?彼氏いるの?
 
よくある会話を一通り。
すると1人のフロントマンが
「いいことしない?」と。
 
イイコト?
私の中で いいこと=の関係
ダメだよ・・・こんな異国で出会って3時間の男性と関係を持つなんてダメだよ・・・。そう思った。
 
すると謎のジェスチャーをし始めた
タバコを吸うでもなく、何かを吸う仕草。
 
ん?これ薬?ドラッグってやつ?
もう正直に聞いてみた
 
f:id:mrsh1992:20160423125510j:image
 
するとフロントマン達はそうだよ!とも言っているかのようにニコニコして首を縦に振っていた。私達は首を横に振った。
 
いや、もっとダメって。
麻薬、ダメ絶対。ってやつだよ。
 
楽しいから!と言っているかのように手でおいでとしてくる。私達はそれにニコニコしながら「no〜no〜」と言い続ける、そんなやりとりが5分くらい続いた。
しばらくするとフロントマンの顔が曇ってきた☁︎
私達は腕を掴まれ、外に連れて行かれそうになった。何とか振りほどいた。
その瞬間逃げなきゃと思い「部屋まで走ろう!」と友達に言った。
 
とにかく全速力で部屋まで走った、フロントマンも走ってくる。何とか4階まで着いた、後は部屋に入ればなんとかなる・・・・・
 
あぁ、そうでしたポンコツ鍵開かないぃ〜〜〜笑
 
足音近付いてくる、麻薬まみれの生活になりたくないよ〜と思ったその時、ポンコツ部屋開くというなんともドラマチックな展開*・゜゚・*:.。..。.:*・'ヽ(;▽;)ノ'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
 
すぐに鍵を閉め私達はよかった〜と抱き合った。
しばらくドアをドンドンされていたが、ずっと無視していたら諦めたのか帰っていった。
 
その日は寝れなかったのもあり化粧も落とさずに朝を迎え、私達はサフランボルに別れを告げた・・・
このあとのトルコ旅はとても優雅に終わり、終わり良ければ全て良し状態。
今では笑い話になっていますが、あの時は本当に薬に手を出す人生を送るのかと思いました笑
 
悪いところだけ切り取っているだけでトルコは親日だしいい国でした。
また時間に余裕と世界平和が確約されたら、ぜひ行きたいです☺